考えるとは映像を作り出すこと


考えるとは、要するに自分で何か映像を紡ぎだしていくということだ。

何かが、あたかも自分の目にはっきりと映るかのようにしていくのが、

「考える」ことだ。どんな人でも結局はそういう風にして考えている。

【引用元】哲学的文法Ⅰ:Ludwig Wittgenstein

 

これは正解だ!

思考は、映像を伴うし、映像を道具として使っている。

で、おそらく、釈迦が言うように他の知覚も道具にはなっているはずだが、

視覚を通して得られる映像が最も強い道具だ。

それでは、先天的に盲目の人はどうなんだろうか。

確認はしていないが、他の感覚器官を通して得られた知覚で

代替しているのではないだろうか。

 

さて、今日ご紹介するオンラインカジノはこれ。

オムニカジノに500円入金で3500円のボーナスをプレゼント!

そう、入金するそれを上回るボーナスが!

なんと太っ腹なオンラインゲームなんでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ