自分の考えを大切にしよう


誰かがそれはくだらないと言ったのかい。頭から否定したのかい。

すばらしいと賛成してくれたのかい。

否定されようが賛成されようが、君がいいと思ったら、それでいいじゃないか。

否定も肯定もたんに表現に過ぎない。

誰から何と言われようと、

それで事実がほんの少しも変ってしまうわけじゃない。

【引用元】ウィトゲンシュタインの講義Ⅰ:Ludwig Wittgenstein

 

人から言われて自分の意見が揺らぐ人がいます。

思想的な偏りに陥る人もいます。

多かれ少なかれ、人は何らかの思想影響を受け、

その時は信じても後で考えを変えることが多いといえるでしょう。

それは当たり前であって、悪いことではありません。

重要なのは、自分で考えること、正しいと思う根拠を持つことです。

コメントを残す

このページの先頭へ